FC2ブログ

H&N~エイチの時々徒然~

日常のアレコレや、大好きな旅のこと、舞台のこと、写真のこと、本のこと、映画のこと、音楽のこと、食べること(笑) 気の向くままに展開中~。

映画「秘密 THE TOP SECRET」キャストが決まっていた件。

ケータイをいじっておりましたら、こう、ヤフーとかでおすすめ記事とか出てきますわよね。
そこに昨日・・・正確には一昨日(5/10)このようなトピックスが。
「今週のイケメン:玉木宏が映画主演 斗真と岡田将生7年ぶり共演 綾野剛が歌舞伎町に (毎日キレイ)」
(原文まんま)
「岡田将生」にだけズームしてポチりとタップ。

何なに…?
「1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(5月2~8日)は…」
という書き出しに、イケメン俳優、芸能人…
(なんか、この記事"イケメン"という表現・文字が多すぎて、
読んでてちょっと疲れる(苦笑)上に、世の中ではホントにこんなに"イケメン"という言葉を使っているのかと
疑問が浮かぶ(またまた苦笑)いちゃもんつけたがりのエイチが居る。。。ww)
玉木宏、生田斗真、岡田将生、綾野剛、千葉雄大、大東駿介、斎藤工の話題が。

ふむふむ

と、読み進めていますと…!

ぎゃっ!

…「秘密」のキャストが…気付いたら発表されている!!!

<続きは追記をOPEN!長いです!>
「秘密 THE TOP SECRET」とは:近未来。最先端技術によって「死亡した人間の脳」から
その人物=脳が見た記憶=過去を映像化できるMRIスキャナーが発明された。
それを事件の捜査に導入したのが、科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」。
第九はまだ警察庁の正式機関として認められておらず、その施設、組織自体が「機密」
とされるMRI捜査組織。
最先端の技術と、天才・エリートだけが集結した第九では、迷宮入りとなった猟奇事件を
「死亡した<被害者の>記憶」から解き明かそうとしていた…。
(「秘密 THE TOP SECRET」公式HPを参考にしつつ、エイチ要約まとめ)

清水玲子原作で、白泉社『メロディ』連載(現在はスピンオフが連載中)。
緻密に練られたストーリーと人間関係が展開し、
ホントに起こりそうな事件と、本当に発明されうるMRIスキャナーという技術。
ただの科学捜査ドラマでは終わらない!
原作は、なんと言ってもそれが、美麗なマンガで展開されるというのが魅力。
…ホントに美しいんだよーーーー!
その上、社会に起こる様々な事態を先取りするかのような凄惨な事件の数々。。。

原作ファンとしては、実写化を観てみたいけど、どれだけ再現できるのか?
そもそも再現が可能なのか??と強く思う作品で、
雑誌で映画化が発表された時には、叫びましたから!うそじゃなく!

そんな作品の映画化、キャスト発表。
そりゃ驚きますとも!
そして、再び叫んだとも。

それも、、、岡田くんにつられた記事で、、、
岡田くんが出るということを知る(苦笑)

エヌはかなりこのキャスティングに好感を持ったらしい。
「結構、いけそう。」との談。

たーしーかーにー。
しかし!
あの!あの!青木を岡田くんがやるのか。。。

中身とかキャラはいけそうだ。確かに。
だが。
線細いよなー。
背は高いのは良いが、青木はもうちょっとガタイいいんだよねー。
イメージでは。
決してマッチョではないけど。
でも、もう少し、肉をつけてください!!!

だって!

こないだの舞台で見た岡田氏は、、、、
めちゃめちゃ細かった!
同じ内臓が収納されているとは考えがたい感じだった!
(細い人に対して、よくエイチが思うこと↑)
ゆえに!
たんぱく質を!取ってください!とお願いしたい。

薪役の生田斗真氏は、
うむ。
連載始まる前か始まった直後くらいに、原作者の清水先生が
「薪剛はL'Arc-en-Ciel (ラルク)のhyde(ハイド)のイメージで。」と
強くおっしゃっていたので、ずーーーーーーっとそのイメージでこちらもいてました。
が、現実問題、ちょいと無理が生じるだろうから(年齢的なこととか、演技のバランス?
hydeは俳優として映画にも出てたけどね。)、
バランスとしては悪くないのかなー。
こちらは青木と逆で、もう少し線の細いキャラを!とも思うんだけど。
色素薄くて、線細くて、小柄で、美青年というより美少年?な感じの。
とはいえ小池徹平くん(年を重ねても、"くん"と言ってしまう。)では、
貫禄不足気味で、かわいさ多めやし。
ってなわけで、生田氏か。たれ目やしな。

ほかのキャストはまだあまり発表されておらず、
大森南朋は映画オリジナルキャラだし。
科警研監察医の三好雪子に栗山千明…。
仰々しい演技をしてくれるなよ、と釘を刺したい(苦笑)
もう少し、アジアンアイズの女優さんがよかったなー。
とも思うけど。
思い浮かばんけど。


と、まぁ、こんなにひとつの記事で盛り上がっておりました。
公開は!すでに来年(2016年)の話。
先だと思っていても、あっという間だろうな。
おそろしや。。。
何はともあれ、早く映像かビジュアルがオープンにならないかなーと
楽しみに待っておりますよ!

美しき岡田くんが、ちょっとりりしく!男っぽく!(差別的意味でなく)
和風テイストに!スーツ男子に!変身してくだされば~と期待してます!

「秘密 THE TOP SECRET」official HP
http://himitsu-movie.jp/
スポンサーサイト
Movies/Cinema | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< ゴールデンウィーク(GW)の報告-2015年春- | HOME | 4月末のお話。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |