FC2ブログ

H&N~エイチの時々徒然~

日常のアレコレや、大好きな旅のこと、舞台のこと、写真のこと、本のこと、映画のこと、音楽のこと、食べること(笑) 気の向くままに展開中~。

ひかりふる路CD事件。

コンバンハ。何やら最近食べ過ぎ傾向で、胃が痛んでいるエイチであります。

大阪でも桜満開の知らせがふれ回られる今日このごろ。
エイチも出先で、思わぬ満開の桜に遭遇しました!
ユキヤナギやらムスカリやらも満開!
加えて、沈丁花、木蓮、水仙…!?までまだ、花が残り、
なにやら、今年は、一気に花が咲いた感が強いですね。
北海道の春ってこんな感じらしいですが。
大阪は、全部徐々に進むのが例年、、、のハズなんですけどもねー。
職場近くの桜並木も一気に満開ですー。

さてさて、そんな折。
事件発生ですよ!

エイチ、3月頭に予約していたCDが、発売日を過ぎても、いっこうに届きません~!
そのCDは、といいますと、こちら↓

宝塚雪組『ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』

の全編収録CDでございますっ!!

また、マニアックな、、、と言われそうですけども!
こちらのCDなななんと!宝塚公式の通販サイト(TCAオンラインショップ)でも、
宝塚のショップであるキャトルレーヴでも品切れしてるんです!!!!
発売日は2018年3月23日でございますよ。
26日にサイト見た時点では、もう無かったのです。
で、店頭で確認しても、「品切れ 入荷未定」との表示。

がががーーーーーん。。。。
エイチが予約したのは今回ポイントが使いたかったので、
楽天ブックス!
メーカーではないから、発売日後の発送だろうな―ということで、
2,3日は様子見てたんですけど(苦笑)
週明けてもなんの連絡もなしだったので、
こりゃ、、、もしかして、まずい展開か???!!!と
慌て、調べる。
(以前、ヤフーショッピングの系統でひどい目にあった経験あり。。。戦慄が走る!)
楽天ブックスの該当商品ページには、「ご注文できない商品*」表示が。。。
楽天ブックスのページ『ひかりふる路 ~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~ 』
なおかつ、「届かない」とみんなのレビュー書き込みがすでにあがっておりまして。
わお、やっぱりエイチだけじゃなかった~~!焦

楽天ブックスがメーカーではないし、はっきり言ってメジャーなCDでもないので、
予想より、予約が入っちゃったんだろうな、
という想像のもと、しかしですよ!
手に入らないのではないか???というところが恐怖なのでありまして、
ここはいっちょ、問い合わせ!してみるか!(面倒だが!苦笑)

ちなみに、3/26時点では、楽天さんからは連絡はなし。
ですので、こちらからアクション!です。
3/27夕方楽天ブックスの注文ページより、問い合わせ~
と進みますと、「今のお時間電話でも問い合わせ受付」とありますよ。
んんんん?こんなサービスがあるのか!
文字で説明するのも長くなりそうなのと、それこそ、話したほうが早いし、
ついでに色々聞けるかも?ってことで、電話で問い合わせ。

案の定ではありますが、ちょっと待つ。

担当者さん登場!
注文番号など伝えますと、こちらの注文履歴から、状況調べてもらえました。
ざっくり言いますと、受け付けはできているが、未出荷。
その原因は、予約数が納品数を上回ったからとのこと。
うんうん。予想通り。

で、ココからが聞きたかったこと。
「予約入った分をメーカーに注文して、納品してもらうのではないのですか?
それが予約ってもんではないのでしょうか?」
えーっとこれに対する回答は、若干はぐらかされた感はありますが、
どうやら、予約数をどこかの時点で集計して、メーカーに注文を出すが、
予約数(注文数)よりも納品が少なかった、ってのが状況のよう。

これは、エイチ的推測ですが、
楽天ブックスは、メーカーではないので、必要量をおそらく、
宝塚側(TCA?)に発注していたが、予想を上回る予約数が、
各所(楽天以外も含む、ネット通販や、その他CD屋などなど)から来ました!
アンド宝塚側も予想を上回る販売で、店売りに回す分、
外販分、、、としてると、その時点で、不足が!
なので、注文数より少ない数で納品(欠品あり)
ってな感じかと。

ま~~~ぶっちゃけ、宝塚(TCA)側が、すでに読みが甘かったんではなかろうか?
と思いますね。
販売予測からの初回プレス数決定→販売
というのは、色んなメーカーでもすることでしょうけども、
今回は~その予想を予約・販売が遥かに上回ったと。
予約の時点で超えちゃってたんでしょうなぁ。製造数。。。

さて、その問い合わせですが、3/27時点では、調達中としか言えない、
とのことで、待つかキャンセルするか、と。
担当のかたからは、
楽天「いつになるかとは言えないので、もし、可能なのであれば、
他の所で確保されることも視野に、、、」とまでご提案いただきましたけども、
これは、早く欲しいなら、もしかしたらどこかの店頭にならあるかもね。
という意味合いだと受け取っておきまして、
エイチ「急いでないので、待とうかと思います!
しかし、入ってくるのか来ないのか、が不安なんですよね。」と伝えました所、
楽天「入っては来ると思います。かなりの数の発注をかけているので。」と。
なおかつ「お客様は、予約注文された日時も早い方に入りますので、おそらく、
次の入荷が整えば、発送できるかと。」
ですって!
そんでもって、
エイチ「1枚も入荷しなかったのですか?」
楽天「そうではなく、一応、入ってくることは入ってきたのですが、その数が少なく、
予約数には足りずでして。。。」
エイチ「ということは?」
楽天「そうですね、すごく早い段階で予約されてたかたには、もう、お届け出来てるんです。」
ほほ~~~そうなんや!
予約解禁と同時くらいに予約したヒトには発送できてるんや!
φ(..)メモメモ

楽天ブックスは、限定版とか小さめな出版社の本とか、発行部数の少ない本、CDなど、
早々に注文不可商品になるイメージ(というか、実際そうだった)があるので、
深追いせず、在庫を持たない主義なんやろうなーと思っておりました。
実際、そうなんでしょうね。

今回のCDは、おそらく再プレスされるでしょうから、楽天でダメになったら、
キャトルレーヴで買うとしまして、気長に待つことにしました!

3/27(火曜日)時点でキャトルレーヴ宝塚店にてCDは売り切れ。
スタッフさんに確認のところ「入荷時期は未定。でも、入っては来ると思う。」
TCAオンラインショップSOLD OUT。入荷未定。

3/30(金曜日)時点
楽天ブックスからついにメールが!
「この度の商品につきましては、弊社の予約注文管理に不備があり、商品入荷が遅延しております。
ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。
また、ご連絡が遅くなりましたことを重ねてお詫び申し上げます。
2018年4月中旬の商品入荷を予定しており、発送の際にあらためてメールにてご連絡しますので、今しばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。
この度は弊社をご利用いただいたにもかかわらず、お客様にご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。」
(文面抜粋)

TCAオンラインショップSOLD OUT。入荷未定→4月3日再入荷予定です。
に表示が変わってる!

ということで、なんとなくですが、4月3日以降のどのへんかで、楽天ブックスからも、
発送連絡あるかな~ってな感じですね。

<今回の教訓!>
・ホントに欲しいならケチらず公式もしくは店舗で予約せよ!
・それでもポイントが使いたいのなら、予約開始と同時にネット予約せよ!
・やっぱり問い合わせは電話が早い!電話代かかるけど!
(そして、今回の担当さんが、イライラさせられる人じゃなくってよかった。
宝塚について、なぜか雑談←全然宝塚を知らない人だった)
・宝塚およびTCAさん!望海風斗さんの人気と歌上手をなめてはいけない!w

ちなみにですが、プログラムではなく、舞台の特集本として、ほぼ毎公演出される、
ムック本(の扱いになるのかな?)であるル・サンク(Le CINQ)なるものがあるのですが、
これまた、
ル・サンク Vol.188『ひかりふる路(みち) ~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』
『SUPER VOYAGER!』<雪組>

は売り切れています!
出版不況で在庫のことを考えますと、おそらく、、、再販はナシかな…。。。残念だけど。
なぜなら!デジタル版があるんんだよねーーーー…。。。
こっちの方が、発行元のリスクが低いからねーーーー。。。
個人的にはやっぱり、みんな紙で欲しいんではなかろうかと思うんだけどね。

全然4月になってほしくないけど、CDは、やっぱり早く届いて欲しい。
そう思うエイチでございました。
スポンサーサイト
Latest Items | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ポーの一族』だけじゃない!明日海りおのはまり役!(勝手に発表)

コンバンハ。エイチです。
天気予報が当たりまして、しっかり、雨降ってきてますね。
だいぶと荒れる予想ですが、夜中に何事もなく収まってくれますように。。。

さて、昨日、1、2月のエンタメ備忘録の、ちょこちょこ感想で、
宝塚花組の『ポーの一族』の明日海りおさんのエドガーが「最高の当たり役」と
書きましたが、そうそう、他にもあったじゃないか!!!と思い出してました。

その1!
月組時代『夢の浮橋』(2008年)の新人公演での匂宮
公演バックナンバー『夢の浮橋』『Apasionado!!(アパショナード)』
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/08/moon_takarazuka_ukihashi/index.html
(古いページなのでリンク切れ近いかも。)
→めっちゃ前ですね(^^;;)
この役は、本役が主演男役(トップ)の瀬奈じゅんさんでした。
ゆえに、明日海さんは主役だったわけです。
そもそも、お話が特殊で、「源氏物語」でも、みんながよく知る光源氏全盛期ではなく、
「源氏物語」最終章である「宇治十帖」の物語。話自体、あまり親しみなかったので、
ストーリーはちょっと記憶がぼやっとしてるんですけど、エイチ個人的には、
本役さんより新公キャストの方が、観やすかったように覚えてます。
いや、語弊があるか。
本役さんたちのほうが、断然技術力は上なのですが、いかんせん、
瀬奈じゅんさんと霧矢大夢さんたちが大人で!色気がありまくりで!(苦笑)
おそらく、描かれている登場人物との年齢差が少ないのが、新人公演キャストの方だった
んだろうな、と。
ゆえに、「爽やか~~~で、美しい少年たち~~!」という印象が残ってます。
演技はどんなんやったか。。。記憶なし!残像のみ!
本公演はちょっと妖艶でした!

その2!
月組時代『ロミオとジュリエット』(2012年)の役替りロミオ
公演バックナンバー『ロミオとジュリエット』
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/12/moon_takarazuka_rj/index.html
→この時期はなんだかちょっと特殊な時期で、一応、龍真咲さんの方が、先に
配役が載ってましたが、明日海さん準トップ、、、という肩書。
二人トップというか、お試しトップというか、、、。
どちらも主演男役にはまだ決まっていない時期で、主役のロミオを龍真咲、明日海りお
役替りするという。。。ちょっと迷走が伺えますね。
この公演のどちらも観ましたが、やはり、、、ロミオ:明日海さん、ティボルト:龍さん、
がピタリとハマっていたと思います。
ロミオの少年と青年の間のような表情は、キラキラ輝く明日海さんならでは。
かたや、熱く、激しいティボルトには龍さんが活きてました。
DVDとかだと、ロミオ:龍さんがメイン収録なんですけどね。
その後月組でトップになられた龍さんを考えると、仕方ないんですが!
どうせなら、公平に2枚組にしてほしかった!
ちなみに、ジュリエットはすでに、愛希れいかさん、美弥さんはマーキューシオ、死は珠城りょうさん。
新公でのジュリエットは咲妃みゆさん、マーキューシオは朝美絢さん、死は鳳月杏さん。
押さえるとこはしっかり押さえてる配役ですよねー。今見ると。

その3!
これまた月組時代『春の雪』(2012年の)松枝清顕!
公演バックナンバー『春の雪』
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/12/moon_bow_harunoyuki/index.html
→これは、ご本人も公式で好きだった役に書いている役です。
ホントに、なんと美しい三島由紀夫世界…!!と思いましたね。
言葉も美しいのですが、あの、残酷で美しい見た目の清顕は明日海りおさんだからこそ!
そうなんです。この人(役)、大人に近づこうともがいてる時期で、
綾倉聡子嬢を好きだと認めると、自分の負けだと勝手に思い込んでる感じなんですよねー。
この、心の葛藤を役で見せた、明日海さん!
なんといっても学生服が!似合いすぎる!笑
宝塚の舞台で軍服や黒燕尾はよく目にしますけども、学ランは珍しいはず。
そしてそして、綾倉聡子嬢を演じている咲妃みゆさんが!
ほんとにお上手で!
まだまだ若いはずなんですが、明日海さんより年上の設定なのでね。
お姉さんっぽいんですよ!凛としてて、もうすでに、大人になってる感じ。
清顕はまだじたばたしてるんですけどね。
それぞれの役についてる人たちがそれぞれ、もがいて頑張ってます。
話は暗いです。。。
清顕の友人役の珠城りょうさんの爽やか好青年っぷりと、
書生の飯沼役の宇月颯さんの屈折した青年っぷりとが好対照。
若いキャストが多いなか、専科の美穂圭子さんの蓼科がぴりりと。
いやー今思い出しただけでも、この公演は結構覚えてるもんだ。
というか、これを宝塚でやったというのもびっくりだわね。
結構きわどい内容も多いんだけど。
締め付けキツイのか、緩いのか…?そこも謎。


ってなわけで、『ポーの一族』以外にも、はまり役あった!という話。
とはいえ、トップになってからの役の中では、エドガーがピカイチかなー。
元々お芝居はお上手な方なので、その芝居巧者なところと、あの見た目をしっかり
活かした、今回の役!
原作者の萩尾望都さんを納得させただけはありますよねー!

久々に熱く語ってしまった!
あ、あくまでもエイチの主観なのでね。
みなさまはどうお考えになるかしら。
でも、ホントに、この3役は、、、観て損なし!と推薦しますよ!

ちなみに、1、2月の備忘録にすでに、2公演も書き忘れたことに、、、
UPしてから気付く!備忘録のはずなのに!w
また、書くまでに、忘れそう。
ホント、記憶力~~。。。
Entertainment | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |