H&N~エイチの時々徒然~

日常のアレコレや、大好きな旅のこと、写真のこと、本のこと、映画のこと、音楽のこと、食べること(笑) 気の向くままに展開中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ムズムズ。

コンバンハ。エイチです。
6月だというのに、なんだか、まだ鼻のムズムズが取れず・・・。
年中なにやらアレルギーに悩まされているような??
で、ちょっとばかしWikipediaで調べてみますとね、
花粉症の原因物質となりうる植物(報告されているもの)で
60種類!
報告されているのがポイント。
まぁ、きっとこれ以上ありますよ、ってことかと。

で、予想通り、年中、何しかの花粉は飛んでいると。
6月の近畿地方では主に、イネ科とマツ系らしいです(苦笑)

ムズムズはいつになったらすっきりするのやら。
ホンマ、花粉症は国民病ですな。
ある意味、こんなに長期の慢性疾患って・・・、
インフルエンザより怖いかも!!
思いません??
スポンサーサイト
季節の話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天使と悪魔 ANGELS&DEMONS

コンバンハ。エイチです。
梅雨の先っぽが見えてきた今日この頃。
髪の毛の爆発が何とも怖いです(苦笑)

さて、H、やっとこ話題の映画
「天使と悪魔」を観てきました!
「ダヴィンチ・コード」もあの謎解き感が好きで、面白く観ていたので、
シーリーズ作品が映画化!!という報道が出た時から、
期待していた一本。

というわけで!H主観の解説&感想をば。

「ダヴィンチ・コード」から引き継ぎのキャラクターは、
主役のロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)のみ。
その他の主要キャストは全員この作品のためのキャラクターで、
「ダヴィンチ・コード」を観てをなくってもまったく困らないです。

帰宅後、出演俳優陣を調べてみると、
ヒロインのヴィットリア・ヴェトラ役のアイェレット・ゾラーは
スピルバーグ作品の「ミュンヘン」に出演。
スイス衛兵隊隊長のリヒター役は「レッド・オクトーバーを追え!」
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」「グッド・ウィルハンティング/旅立ち」・・・
に出演のステラン・スカルスガルド、
大選皇枢機卿シュトラウスはスティーヴン・ソダーバーグ監督作品の「カフカ」や
「X-ファイル ザ・ムービー」「聖なる嘘つき/その名はヤコブ」
「ザ・バンク/堕ちた虚像」に出演のアーミン・ミューラー=スタール 、
とひそか~に・・・というか、Hが思っていた以上に豪華なキャストだったことが判明。
とはいえ、ハリウッド作品で頻出の俳優は、やはり、
主役のトム・ハンクスとカメルレンゴ(←これはヴァチカンでの役職名)のユアン・マクレガーでしょう。
他の役者陣は名脇役~いぶし銀俳優~これからの活躍に期待!の役者さんという感じ。

はっきり言って、地味目?と思う俳優さんやハリウッド作品では
あまり見かけない人が多いのは、
映画のストーリー上、多国籍なキャラクターが多いから?と思います。
主人公のラングドン教授はハーバード大教授。
ヒロインのヴィットリアはスイスの研究所に勤めるイタリア人。
その他のキャラクターもスイス衛兵隊~の母国スイスといえばドイツ、フランス、
イタリア、オーストリアと国境を接していることもあり、
ドイツ語、フランス語、イタリア語などが公用語だし。
そうなると、その言語を話しそうな国の人が役者さんとなるし。
イタリア警察のオリヴェッティ警部はそりゃもうイタリア人だし。
で、こんなに多国籍な役者さんが揃ったのかなぁと感じます。

なので、面白いのが、本編の中に字幕の字幕が出るシーンがちらほら。
イタリア語とかドイツ語(たぶん)でセリフが言われる場面があり、
その場面には英語の字幕+日本語字幕となっています。
それだけ、ヴァチカンという場所に色々な国の人が集まっている、
という実感をわかせる小さな演出ポイントかなぁと。

さて、キャストの話ばかりでこれだけの長さになりましたので、
内容については、次回に続くということで。
本日はこれにて!
Movies/Cinema | コメント:0 | トラックバック:0 |

UGLY BETTY

なんやかんやで、もう6月!
考えたくないですが(苦笑)2009年も半分に突入・・・。
ココらでちょっと今年の目標なんぞを自分の中で仕切りなおさねばと思っておりますよ。

とはいえ、人間ワガママなもんで、
時間が早く過ぎれば恐怖を感じ、
楽しみにしているものが早く来てほしい時は、
時間が過ぎてほしいと思うもので、
エイチも日々時間よとまれと思いつつ、
早く来週こないかなぁ~とか考えてます。

というのも、相変わらず!海外ドラマの
「UGLY BETTY(アグリー・ベティ)」にはまっておりまして、
それがね、待ち遠しくって!早く来週になれ~と思ってしまうのです。

2009年の3月にNHKでのシーズン1放映が終わって、
ちょっとがっくり・・・となってたんですけども、
その直後にケーブルTVのSuper!drama TVというチャンネルで、
続きのシーズン2放映が始まることがわかり、
連続でね、ストーリーを追っかけてるのです。

NYにオフィスがあるミード出版社。
そのミード出版が手がける一流ファッション誌「MODE(モード)」に
あるいきさつで採用されたベティの
仕事・日常・恋愛・友情・・・を描いたドラマが
「UGLY BETTY」。
シーズン1では、子供の頃から出版社で働く・・・という夢を持っていたベティが
そのキャリアの一歩を踏み出すところからストーリーが始まり、
手のかかるプレイボーイの二世編集長との信頼関係や、
惰性だけで付き合うのが本当の恋愛か?と考えたり、
また、メキシコ出身の両親が絡む、移民問題が噴出したり。。。
女性のキャリア物語・・・というだけでなく、
アメリカの抱える人種問題であったり、時事ネタ、ファッション業界の裏側
といった所が描かれています。
このね、盛り沢山なところが面白い。
それも、主役のベティが「UGLY(かわいくない、ぶさいく)」であるところが、
また「かわいい」!!
美しさやかわいさで世渡りしていくのではなく、
ベティの持つ、ちゃんとした知識や知恵、そして、優しさや人間味で
人との信頼関係を作っていき、
仕事でも頑張っていく!
・・・応援したくなるのですよ~!!

で、その続き、シーズン2はと言いますと、
シーズン1から引き続いている問題が、
またまたふくらみ!
気持ちが通じ合う恋人(?!)ヘンリーとは期限付きの恋。
仕事でも、編集長との信頼関係に暗雲。
友人たちにも問題が発生し・・・!
というのが、シーズン2の30話まで見た現在のあらすじ。
あんまりネタばれにならないように書くと難しい(苦笑)

とまぁ、これくらいたっぷり書いても足りないくらい、
今、Hがはまって語れるドラマ!
DVDも出てるんですがね。
毎週見るのも楽しみ・・・でもあり。
じんわりしか進まないもどかしさ、
一週間待つ楽しみ!
どちらも捨てがたくって(笑)

このもどかしさ、誰かわからんかなぁ~!

UGLY BETTY(アグリー・ベティ)シーズン2放映中
Super!drama TV
http://www.superdramatv.com/line/ugly_betty/index.html
*ベティのファッションにも注目~!!
*ちなみに本国アメリカでは2の続きの3がつい最近放映終了。
シーズン4は今秋より放映予定・・・!
先長し!!
そして、もどかしいのがまだまだ続くってこと?!

TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。