H&N~エイチの時々徒然~

日常のアレコレや、大好きな旅のこと、写真のこと、本のこと、映画のこと、音楽のこと、食べること(笑) 気の向くままに展開中~。

高いのか、安いのか、わからなくなった話。

コンバンハ。エイチです。

絶賛現実逃避中。。。
疲れてまーす。
(ホントはしなければならんことが山盛りなのだが。
人間弱いです!特に自分;)


というか、みなさま。
一日何通くらいメールって来るもんですか?
前に、書いたかもしれないのですが、
エイチのフリーアドレス(個人用)を長年使ってるため、
色んなところでそのアドレスを使っているために、
毎日うんざりするくらいメールが来ます。

あ、もちろん!
大半がいらんやつ!
主に通販です。(楽○、とか、ヤ○ー、とかとか。)

そんなメールに、マイレージやら旅行の手配やら、
旅行の懸賞応募やらでいつの間にか登録した、
航空会社のメールマガジンも多数含まれています。

大体、ちらっと見るだけなのですが、
珍しく、目にとまったメルマガ、ユナイテッド航空のもの。

件名:ユナイテッド・ビジネスファーストでニューヨークへ
→『おいおい、いきなりエイチにビジネスって!どこにお金が?!』

と思いつつ、ぽちっとリンクをクリック。

…すでに、12月の航空券の予約ですけど?
夏の旅行ってメルマガに書いてなかったっけ?

さーて、ここで見積もっちゃうよ?
とりあえずー、2週間のお休みが取れたと想像してみよう!
ポチっ。
ってなわけで、旅行期間13日間に設定。

「最低運賃 387,120JPY」
38万7,120円かー。
…び、微妙。

これ、片道の料金ちゃうの?
予約進んでみたら、倍の値段なるとか。
ではー仮に12月3日(水)を出発日としますー!
ポチっ。

あれ?往復でこの値段やん。
それも、税込。

ビジネスでニューヨークに行くには、
60万くらいかかると思ってた。
これ、成田空港-ニューアーク(NY)なんやけど、
関空から運行しているチャイナエアラインでも
ちょちょっと調べてみると、定価にほぼ近いクラスでも、
40万円だってー。
一番安い時期の、一番安いクラスだと、25万だって!

へ、へぇ~。

「おとな」には出せないこともない価格なんやなぁと、発見。
いや、ね。
エイチは基本的に、「リーズナブル旅」が好きなんで、
40万で1回の旅行に出るなら、
10万×4回か、20万×2回をチョイスすると思うのですが、
「そろそろイイおとな」なかたには、こういうチョイスもあるんやなーっと思いましたです。

ゴールデンウィークとか、お盆、年末年始に、はね上がる旅行代金。
下手すると、通常では8万位のツアー代金が25万位になる例もあります。
最低価格で行ける時の3倍払うわけですよ。
それも、内容一緒なのに。
それなら、時期を外して、ワンランク上の座席に座ってみたいなー。
ビジネスは、年間通してそんなに価格変動ないし(これは、昔から)。


あ、もちろん、今回のは航空券だけで、別途、宿代がかかります!
ニューヨークは宿代が恐ろしく高いので、
エアーとホテルでやっぱり、70万位にはなるんでしょうね。
その値段になると、到底手が出ませんが、
妄想は無料(タダ)!いぇい。

(現時点の結論)
自分には、まだ早いと思う。やっぱり。

誰かが出してくれるなら、行ってもいいw

おぉっと、また夜中。
おやすみなさい。
良い夢を!
スポンサーサイト
Air | コメント:0 | トラックバック:0 |

見習ってほしい。(その2)

(この話は、4月30日にUPした「見習ってほしい。」の続きとなります。
そちらを読んでから、「その2」をご覧ください!)

さて、KE(大韓航空)のマイル加算についてのお話。

メールでの問い合わせもいいけれど、
さっさと片付けたいことについては、
やはり、ダイレクトに聞くに限る!
ということで、KEオフィスに電話したエイチ。
聞きたいことは、
事後申請の方法として、郵送もしくはFAXでとのことだけど、
HPに載っている番号に、何を送ればいいのか?
ってなことを中心に。

で、KEオフィスの方に聞いてみると、
申請には

1.SKYPASS(KEのマイレージプログラム)の会員番号
2.氏名
3.連絡先(TELなど)
4.搭乗券(ボーディングパスの半券)
5.念のためイーチケットの控え

が必要、とのこと。
やはり、郵送でもいいし、FAXでもOK。
ちなみに、KEのオフィスが大阪にあるので、
FAXの送り先はその大阪のFAX番号。
そうなると、郵送より、自分のコピーが手元に残るし、
切手代もかからないし(電話代はかかるけど、大阪だし)、
「FAXで送ります~。」と伝え、
上記のものを準備。

事後加算をお願いします、と、
一筆メモを添え、
ややこしい片道分の加算処理をお願いしますとも
書き添えて、
メモ、半券を貼り付けた紙、イーチケット控えの3枚を
FAX!

が、
搭乗券の半券の厚みにより、
途中でFAXが詰まる(笑)

で、再度送信。



なんか、FAXがあやしいので、
電話を入れて確認。

H「先ほど、マイレージの事後申請のFAXを流したんですが、
  そちらにちゃんと届いてますか?」
KE「少々お待ち下さい。確認してまいります。お名前よろしいですか?」
H「(名前を伝える。)」
KE「少々お待ち下さい。」
~ほんの数分。~
KE「お待たせしました。3枚送付とのことですが、届いてないものがあるようです。」
H「そ、そうですかっ(焦)。すいません。では、もう一度送付します!」
KE「よろしくお願いします~。」

とのやり取り後、
再度、FAXを流す。

不安なので、15分か20分くらいして、またまた電話確認。
KEのオフィスも仕事で忙しいだろうに、何度も電話するエイチ。
ちょっと迷惑な客である(苦笑)
まるで、マイレージの亡者か?(笑)

H「スイマセン。先ほどもお電話したんですが、マイレージの事後申請の件で、
  FAXで届いてないものがあると聞いたので、再度送らせていただきました。
  お忙しいところ、申し訳ないのですが、確認していただけますか??」
KE「少々お待ち下さい。(名前など聞かれる。)確認してまいります。」
~ちょっと待つ。~
KE「お待たせしました。届いたFAX分の、登録済みです。」
H「は、い?(状況がちょっとつかめない。)」
KE「あ、もちろん、FAX、届いておりますので。すでに、マイレージの登録が
 済んでおります。」
H「え、え~っと。ということは、ネットでも確認できるということでしょうか?」
KE「あ、はい。たぶん、もう反映されていると思います。」
H「あ、そうですか!わかりました。お手間かけてすいません。ありがとうございました!」

えぇ~~~!!は、早!
な、なんて、仕事が早いんだ、KE!
(一応、ネットも確認。)

ほ、ホンマや~!!
もう、登録されている!
それも、ちゃんと、復路だけ。
・・・びっくりするくらい、ありがたい対応やなぁ。

あの、がんばったけど、どうも、
わかりにくくしか書けなかった、エイチのメモの意味を理解し、
ちゃんと受け付けてくれてるよ~~(プチ感激)。

電話に出てくれる人たちも、きびきびしたしゃべり方で、
ちゃんとやってくれてるっ感じがしたし、
電話番号も、国内だとフリーコールだし、
何と言っても、人につながるまでの時間もかなり早いし。
ホンマに、アフターフォローはなかなかに、
好感が持てるなぁと実感。

特に、この仕事の早さは驚異的。
ちゃんとできてれば、FAX送付→マイレージ登録まで、
1時間内で終わるかも?ってことよね。
・・・すごい。

実は、エイチにはこれの対極のような状況が過去にあり、
それとの比較となると、
なんでも早く感じてしまうということも?
あったりして。

しかし、今回の申請で思ったのは、
「ホンマ、米系航空会社!この仕事の速さを、見習え~~~!!!!!」
ってことです。

では、次回は、この対極となった状況を、
さらりと、お話ししたいと思います。

>>To be continued!!

Air | コメント:0 | トラックバック:0 |

見習ってほしい。

(この話は、4月6日に書き始め、間中断して加筆してアップしました。)

4月。
それは、始まりの季節(日本においては)。
出会いの季節!?新生活?!
新学期!新年度!
何かと新しいものづくし、
な、今月ではありますが、
そんなことに、とんと縁なく、
関係なく、なエイチ。
なのにもかかわらず、
ココ最近は(イベント終わってから特に)、
なんだかバタバタしております。

と言っても、原因は明白。
その多くの部分が、
自分の外出・用事と家族からの頼まれ事(主に母より)に
起因しております。

お花見!の話はこないだもしたとこなので
(お花見話をした後、4/4にも万博に行って、桜見てきました!)、
ちょっとした、話の一端をば。

先日、お昼間に、
気になっていたマイレージの事後登録を航空会社に依頼。
・・・と言っても、自分のではなく、
母の旅行の分。

この航空券のマイレージ、
大韓航空(コリアンエアー:以下KE)の往復搭乗のもの。
マイルの話は・・・しだすとなかなか止まらないエイチなので、
かいつまんで話しますと、
元々、エイチの勝手な方針により、
マイルの積算は、アメリカ系で集約しているものが多く
(ちょっと前までマイレージの失効期限がゆるかったため。
この方針はもちろん家族にも多くを適用!)、
主にノースウエスト、ユナイテッドなどを使って貯めていたのです。

日系航空会社のマイレージは、この限りではないのだけれど、
一番都合よく貯めていたのがノースウエストのマイレージ:ワールドパークス。
しかし!
最近の世界的不況やなんやらで、
世界的にも航空会社が色々苦しみ、
ノースウエスト航空もデルタ航空と合併。
マイレージプログラムもデルタ側に統合され、
ワールドパークス→スカイマイルへ。
どちらかというと、マイレージプログラムもサービスを
抑える傾向にあるため、
今回のマイレージサービス統合で、
ついでに(苦笑)色々と規約が変更されたのです。
(利用者にとって、マイナスの部分多し。)

今回のちょっとややこしい事になった原因の一つも
そこにあり~、
たまたま母の旅行日程の往路と復路が
規約変更がある月をまたいでいたために、
統合後の規約変更に影響され、
片道分しかワールドパークス(新:スカイマイル)に
積算されなかったのです。

これも話し出すと長くなるんですが、
ノースウエストとKEは同じ航空連合(SKYTEAM)なので、
お互いのマイルがそれぞれのマイレージプログラムで
積算できるというつながりがあり、
もちろん、エイチの方針により、
ノースウエストで貯める気満々だったのですが、
規約の変更前だと積算されていた航空券種別(予約クラス、ブッキングクラス)で、
変更後は積算されないようになったというのがややこしくなった原因であります。

この規約変更は、ノースウエスト(というかデルタ)以外の
連合内の各航空会社が販売している
正規割引の航空券について、
積算条件が厳しくなり、
ホントにお得で安い(より値引きが大きい)航空券の
予約クラスのものは貯めれなくなってしまったのです。

ですが!
これはあくまでも、他社のマイレージプログラムで
マイルを積算する場合の条件であり、
自社のマイレージプログラムであれば、
若干の条件(特別条件のチケットでないことなど)をクリアしていれば、
特別割引料金の種別の場合でも、正規料金チケットのマイルの70%程度
(各社ちょっとずつ条件は異なります。)
が積算できるのです。

なので、今回は、往路をスカイマイル、復路をKEのスカイパスで積算はできる、
ということになり、
帰りの分だけをKEに申請することに。
もちろんそれは、こちらの勝手な申請都合なので、
自分でHPを見て、
条件を確認し、KEのオフィスに問い合わせ、
申請についての詳細を確認し、
いざ申請!
と何度かの手間のもと実行しました。

で、やっと本題(笑)
その、申請について、ホンマに今回かなりびっくりしたので、
ここで話そうと思ったわけです。

が、すっごくすでに長くなっているので、
ここらでいったん中断して、
続きを近日中にアップします。

>>To be continued!!

Air | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |