H&N~エイチの時々徒然~

日常のアレコレや、大好きな旅のこと、舞台のこと、写真のこと、本のこと、映画のこと、音楽のこと、食べること(笑) 気の向くままに展開中~。

『ポーの一族』だけじゃない!明日海りおのはまり役!(勝手に発表)

コンバンハ。エイチです。
天気予報が当たりまして、しっかり、雨降ってきてますね。
だいぶと荒れる予想ですが、夜中に何事もなく収まってくれますように。。。

さて、昨日、1、2月のエンタメ備忘録の、ちょこちょこ感想で、
宝塚花組の『ポーの一族』の明日海りおさんのエドガーが「最高の当たり役」と
書きましたが、そうそう、他にもあったじゃないか!!!と思い出してました。

その1!
月組時代『夢の浮橋』(2008年)の新人公演での匂宮
公演バックナンバー『夢の浮橋』『Apasionado!!(アパショナード)』
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/08/moon_takarazuka_ukihashi/index.html
(古いページなのでリンク切れ近いかも。)
→めっちゃ前ですね(^^;;)
この役は、本役が主演男役(トップ)の瀬奈じゅんさんでした。
ゆえに、明日海さんは主役だったわけです。
そもそも、お話が特殊で、「源氏物語」でも、みんながよく知る光源氏全盛期ではなく、
「源氏物語」最終章である「宇治十帖」の物語。話自体、あまり親しみなかったので、
ストーリーはちょっと記憶がぼやっとしてるんですけど、エイチ個人的には、
本役さんより新公キャストの方が、観やすかったように覚えてます。
いや、語弊があるか。
本役さんたちのほうが、断然技術力は上なのですが、いかんせん、
瀬奈じゅんさんと霧矢大夢さんたちが大人で!色気がありまくりで!(苦笑)
おそらく、描かれている登場人物との年齢差が少ないのが、新人公演キャストの方だった
んだろうな、と。
ゆえに、「爽やか~~~で、美しい少年たち~~!」という印象が残ってます。
演技はどんなんやったか。。。記憶なし!残像のみ!
本公演はちょっと妖艶でした!

その2!
月組時代『ロミオとジュリエット』(2012年)の役替りロミオ
公演バックナンバー『ロミオとジュリエット』
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/12/moon_takarazuka_rj/index.html
→この時期はなんだかちょっと特殊な時期で、一応、龍真咲さんの方が、先に
配役が載ってましたが、明日海さん準トップ、、、という肩書。
二人トップというか、お試しトップというか、、、。
どちらも主演男役にはまだ決まっていない時期で、主役のロミオを龍真咲、明日海りお
役替りするという。。。ちょっと迷走が伺えますね。
この公演のどちらも観ましたが、やはり、、、ロミオ:明日海さん、ティボルト:龍さん、
がピタリとハマっていたと思います。
ロミオの少年と青年の間のような表情は、キラキラ輝く明日海さんならでは。
かたや、熱く、激しいティボルトには龍さんが活きてました。
DVDとかだと、ロミオ:龍さんがメイン収録なんですけどね。
その後月組でトップになられた龍さんを考えると、仕方ないんですが!
どうせなら、公平に2枚組にしてほしかった!
ちなみに、ジュリエットはすでに、愛希れいかさん、美弥さんはマーキューシオ、死は珠城りょうさん。
新公でのジュリエットは咲妃みゆさん、マーキューシオは朝美絢さん、死は鳳月杏さん。
押さえるとこはしっかり押さえてる配役ですよねー。今見ると。

その3!
これまた月組時代『春の雪』(2012年の)松枝清顕!
公演バックナンバー『春の雪』
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/12/moon_bow_harunoyuki/index.html
→これは、ご本人も公式で好きだった役に書いている役です。
ホントに、なんと美しい三島由紀夫世界…!!と思いましたね。
言葉も美しいのですが、あの、残酷で美しい見た目の清顕は明日海りおさんだからこそ!
そうなんです。この人(役)、大人に近づこうともがいてる時期で、
綾倉聡子嬢を好きだと認めると、自分の負けだと勝手に思い込んでる感じなんですよねー。
この、心の葛藤を役で見せた、明日海さん!
なんといっても学生服が!似合いすぎる!笑
宝塚の舞台で軍服や黒燕尾はよく目にしますけども、学ランは珍しいはず。
そしてそして、綾倉聡子嬢を演じている咲妃みゆさんが!
ほんとにお上手で!
まだまだ若いはずなんですが、明日海さんより年上の設定なのでね。
お姉さんっぽいんですよ!凛としてて、もうすでに、大人になってる感じ。
清顕はまだじたばたしてるんですけどね。
それぞれの役についてる人たちがそれぞれ、もがいて頑張ってます。
話は暗いです。。。
清顕の友人役の珠城りょうさんの爽やか好青年っぷりと、
書生の飯沼役の宇月颯さんの屈折した青年っぷりとが好対照。
若いキャストが多いなか、専科の美穂圭子さんの蓼科がぴりりと。
いやー今思い出しただけでも、この公演は結構覚えてるもんだ。
というか、これを宝塚でやったというのもびっくりだわね。
結構きわどい内容も多いんだけど。
締め付けキツイのか、緩いのか…?そこも謎。


ってなわけで、『ポーの一族』以外にも、はまり役あった!という話。
とはいえ、トップになってからの役の中では、エドガーがピカイチかなー。
元々お芝居はお上手な方なので、その芝居巧者なところと、あの見た目をしっかり
活かした、今回の役!
原作者の萩尾望都さんを納得させただけはありますよねー!

久々に熱く語ってしまった!
あ、あくまでもエイチの主観なのでね。
みなさまはどうお考えになるかしら。
でも、ホントに、この3役は、、、観て損なし!と推薦しますよ!

ちなみに、1、2月の備忘録にすでに、2公演も書き忘れたことに、、、
UPしてから気付く!備忘録のはずなのに!w
また、書くまでに、忘れそう。
ホント、記憶力~~。。。
スポンサーサイト
Entertainment | コメント:0 | トラックバック:0 |

1月2月の備忘録!バタバタしつつも行ってきた!

コンバンハ。2月の終わりに、久々ブログ。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

エイチは1月後半に、インフル疑惑の風邪(病院行ってないので、詳細不明)に
かかり、バッチリ寝込んでしまいました。
体調もなかなか戻らず!がしんどかったです。
たまたま仕事が連休のタイミングでよかった、、、と思いつつ、
日頃の元気さを念頭に予定を立てているため、ちょっと寝込んだりしますと、
予定がダダ崩れに・・・。
余裕を持ったスケジューリングって大切、、、!と実感。
(エイチは、そもそも、スケジューリングがすこぶる下手。ちょっとくらいマシになりたい。)

ってなわけで、全然脈絡なし!気まぐれに~1月2月のエンタメ備忘録!
(簡易感想付き。ホントは細かく書きたい。)

1/13(土)STAGE
宝塚花組『ポーの一族』
→マンガから抜け出てきたような人々に驚愕。明日海りおさんだからこそ!
みりおさん、最高の当たり役でしょうね。
一番の驚きは、お衣装でした!二次元を三次元に再現する、宝塚のお衣装部さん。
イイ仕事してます!全部、「見たことあるーーー!この服ーーーー!」ってなってました。
宝塚歌劇 http://kageki.hankyu.co.jp/

2/11(日・祝)STAGE
TEAM NACS「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」
→何気に大阪千秋楽日に観劇。どうしてもこの日にしか行けなかったので、まず、
チケット取れてよかった。
内容は、ネタバレなるので、あまり触れませんが、史実をベースとしてお話。
第二次世界大戦末期の北海道を舞台として、普通の人々と、戦争の実態を、
NACSらしく表現してました。
かなり、ずしん、と重たい舞台で、舞台中央にほぼずっと鎮座していた、戦車が
目に焼き付き印象的でした。
安田顕氏の憑依が相変わらずすごかったですが、他のNACSメンバーもそれぞれの個性が
どんどん磨かれて、どんどん素敵になってました。
イイ役者さんたちです。
アンサンブルさんたちも、いい味出してました。
ちなみに、ちょっとばかし出待ち、、、!ちら見できて、嬉しかったです~!
休憩なしで約2時間ちょいの舞台、帰宅して、どっと疲れ。その夜は撃沈早めでした。
TEAM NACS http://www.teamnacs.com/index.php
PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」 http://www.teamnacs.com/stage01.php

2/21(水)MOVIES
①「グレイテスト・ショーマン」"The Greatest Showman"
②「STAR WARS 最後のジェダイ」
ひとりで勝手に二本立て企画!

①→サントラを1ヶ月以上聴き続け、すっかり見る前から見た気になっていた映画。
ヒュー・ジャックマンがやはりかっこよかった。。。
全体として上映時間もそんなに長くないので、内容にそんなに深みはなかったけど、
見た後、「あー爽やかで、アツい、良いステージを見た!」という気分。
映画というより、すごく充実したPVとかミュージカル舞台を観ているようでした。
とにかく!曲が全部かっこいいんだわ!
DVDでもいいけど、大きなスクリーンで見るのはやっぱり格別!
ザック・エフロンとゼンデイヤがかわいい。
グレイテスト・ショーマン」(日本版オフィシャルHP) http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/#/boards/showman
"THE GREATEST SHOWMAN"(USオフィシャルHP) https://www.foxmovies.com/movies/the-greatest-showman

②→今更ですが、やっぱり、観てよかった!派手だし、大作でこんなに裏切られない安心感!
こちらは、135分上映時間と2時間オーバー。でもあっという間。
レイサイドとフィンサイドのお話が両方同時に進行するから、長くなるんだろうなーと。
2つのお話を一緒に作ってるからね!
それにしても、今作、ちょっと人死に過ぎじゃない?大丈夫?続き、おそらく作る気なんだろうけど。
レイア姫は映画の中では行きてるけど、実際にはお亡くなりになってしまったし。
SWの古い方のシリーズを見てきた人には、見ることを勧める!
ちなみに、2Dでもエイチは十分楽しめましたよ。
STAR WARS 最後のジェダイ」 http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

行けなかった編
『リトル・マーメイド』イン・コンサート(大阪城ホール)
→高畑充希ちゃんと井上芳雄氏の豪華なコンサート!
ディズニー映画の『リトル・マーメイド』をスクリーンで上映しながら、
歌の部分はキャストが生歌!音楽はオーケストラ!という贅沢なステージ。
ギリギリまで迷ったけど、体調と自分の他の予定と仕事との兼ね合いで、、、断念。
大阪で一夜限りだっただけに、悔やまれる!
(周りで見た人居ないから、感想も聞けてない。)
Disney on CLASSIC Premium
リトル・マーメイド』イン・コンサート http://www.disney.co.jp/eventlive/mermaid-concert.html


さてさて、1月2月に続き、3月も恐ろしい早さで過ぎていくのでしょうから、
心しなくてはいけません!
体調管理!予定管理!しっかりせねばです!
どっちも不安です!苦笑


Entertainment | コメント:0 | トラックバック:0 |

TONY AWARDS 2016!!第70回トニー賞!!

こんばんは。エイチです。
さて、今年もこの時期となりました…!
TONY AWARDS!! トニー賞でございます!
ショービジネスの中心!アメリカ・ニューヨーク!ブロードウェイ!
彼の地で上演された作品の中から、エントリー→ノミネートを経て、
栄えある受賞作が決まります!(というか、すでに、決まりました!)

日本におりますエイチは、上演作品(新作とかね)をちょこちょこチェックしている
とはいえ、作品を通しで観ておりませんので、
なーんとなくの評判とか?出演者とか?そういう雰囲気で、楽しんでおります。
人気作は、チケットの売れがいいので、そのへんで、有力作を感じる、というね(笑)
ただの、ミーハーなんで!

アメリカでの、銃乱射事件の本直後ということもあり、
今年は、一般ニュースでも大きく取り上げられてましたねー。
それに重ね、ミュージカル部門の主演、助演男女が全員黒人ということも
報じられてました。

エイチ、今年も5月から葛藤。
なんせ、WOWOWでしか見られないことは知っておりましたのでね。
1ヶ月だけ加入しようか、、、うじうじ、、、、としておりましたよ。
どっちにしろライブで見れないこととなりましたので、加入せず(苦笑)
結果はネットでちらちらチェック。

今年は、、、「Hamilton」一人勝ちの様相でしたね。
主要部門に並ぶ「Hamilton」のタイトル!
16ノミネート中11受賞。
はっ!そうか!そうだったのか!
同じ部門に同じ作品から複数人ノミネートもOKなんやっ!
なので、ミュージカル部門の主演男優に「Hamilton」から二人とか。
そうかそうか。
と、今更気づくこともありです。

なんとなーくの印象は、割りと、、、テーマが重い目の印象の作品が、
ノミネートも受賞も多かったような気がします。
明るいタッチの作品もノミネートはされていましたが、
根底のテーマが案外暗い。
(「Waitress」にしろ「Shuffle Along」にしろ。リバイバル作品も
「Fiddler on the Roof(屋根の上のヴァイオリン弾き)」、「The Color Purple」とかね。)
単純明快な娯楽作が受賞するわけではない、というとこもポイントですね。
(娯楽作がバンバン取る年もあるけど。)

さてさて、今年もアメリカの演劇の祭典は終幕!
また、週末にでも、授賞式の間に行われていたパフォーマンスをネット鑑賞しようと思います☆

TONY AWARD[official]
http://www.tonyawards.com/index.html

WOWOWトニー賞サイト
http://www.wowow.co.jp/stage/tony/

CBSのトニー賞2016関連動画ページ(おそらく期間限定。現時点ではオープニングのみ)
http://www.cbsnews.com/videos/playlist/tony-awards/

CBSのトニー賞2016特集ページ(これもおそらく期間限定公開。パフォーマンスも見れます。要プラグイン。。。)
http://www.cbs.com/shows/tony_awards/
Entertainment | コメント:0 | トラックバック:0 |

チケット戦

昨日が風邪最悪の状態でした。
扁桃腺のはれが半端無く、喉から血が出てんじゃないかと思いつつ、
夕方にはほぼダウン。
ご飯も食べずに、お風呂入って、睡眠。。。
夜中に栄養補給して、また睡眠。
本日は、だいぶと回復いたしました。
疲れなのかどうなのか、今年すでに2回位体調崩してます。
2ヶ月に一回ペース、、、体調管理不行き届き。。。ですなぁ。むむむ。

そんな中、待ってはくれないのがチケット発売です。
昨日も10時から一般発売のチケットがありまして、
片手にケータイ=ネット予約
片手にファミポート=ファミリーマートでの直購入
10分前からスタンバイ。
5分前には検索も済ませ、時報を待つ。

音楽が切り替わる!(ほとんどのコンビニは時報に合わせて、店内BGMが変わる)
10時ジャスト!
ファミポートアタック!
スマホもネット接続!

スマホ→混み合っております→進めない
ファミポート→おぉ進めた!

ファミポート→日程・時間選択→まだ○あり→アタック!
・・・「ご希望の枚数がご用意できませんでした」
・・・1枚しか選択してませんけど?
心を一旦落ち着かせ、一応、ひとつ前の選択まで戻り、再度アタック。
・・・「ご希望の枚数がご用意できませんでした」

あぁ。。。もうダメ。。。

ほぼあきらめつつ、本来の目的=希望日程のチケット確保
から逸脱し、いつでもいいから、公演日程中の空席ないかを一個ずつ潰す。
・・・ないですよね。分かってましたけどね。

最近こんなん多いです。
先行もダメで、一般もダメって時もしばしば。
観なくていい、行かなくていいってことなのか?!
でも、舞台はナマモノなんだよ~~~~!!!!
いくらDVD化されようとも、その空気感は行った人にしかわからんモノがあるんだよ~~!

はぁぁぁぁと大きなため息をつき、次の一手を考えるエイチでありました。
(解決策はおそらく、期待薄。もしくは、ない。)

ちなみに、この勝負、
待ち時間約10分(ファミポート前)
戦闘時間約10分
ってな感じです。
この間、結局ネットはローチケ→混み合っておりますが8割、
つながってもその日は予定枚数終了
ぴあ→つながった瞬間に予定枚数終了
という具合でございました。

無駄なのかとも思いつつ、最後の望みを一般発売にかけてしまうのですよ。
取れる時もありますからね。
そうしたら、手数料も一番安いしね。
先行なんて、気づいたら、一枚500円以上手数料に取られますもの!
はぁーーーーーどうにかならんかなーーーーー。。。

これで、後から、チケットサイトとかで転売されてるの見ると、ホンマに凹む。
観たい人が純粋に自分が観るために頑張ってんのに!
交換・譲渡サイトはセーフやと思うけどね。
都合つかなくなったってこともありうるし。

先日も、エイチが行きたくて取れなかった某コンサートチケットS席定価9,500円(定価でもそこそこ高い)が
60,000円になってましたのでね。
はぁ、、、、、ため息ですよ。

さーて、どうしよっかなー?次何観られるのかなーーー。
とりあえずー普通に観られるのはおせえてるけどーーー。。。
チケット戦、ホンマ人気があるのはいいけど、この悩み、どうにかならんものかしら。

Entertainment | コメント:0 | トラックバック:0 |

(速報版:予想)第66回トニー賞!Tony Awards 2015!!

…今年のトニー賞は、、、ホント厳しい!

WOWOW以外で見る方法がほぼなく(Twitter、Instagram以外で生情報がほぼなし)、
かなりしんどいことになってます!
WOWOW入れろよ!って話なんですが、ほかの番組見るヒマないし、
トニー賞のためだけになるからね。。。

なんせ、本家CBSも気付けば1週間のトライアル視聴でないと、Youtubeにアップしてるのも見れなくなってるし!
いや~ん。

パフォーマンスは後からネットにあげてくれる人が居ることを期待して、
エイチ的受賞予想予測!(遅い)。

今年はノミネート作品のうち、何本か観れてます!

とりあえず今年(2015年)のノミネート作品↓
http://www.tonyawards.com/en_US/nominees/index.html

ストレートプレイは、おいといて、、、
ベストミュージカル(新作)は「Fun Home」かな。
ベストリバイバルミュージカルは個人的には「On the Town」
日本人的には「The King and I(王様と私)」取ってほしいけど。
最優秀主演男優賞(ミュージカル)はMichael Cerveris(「Fun Home」)
もちろん謙さんに取ってほしいけどね。
でも、Tony Yazbeck(「On the Town」)もすばらしかった。
最優秀主演女優賞(ミュージカル)はKristin Chenoweth(「On the Twentieth Century」)取っちゃうかも?
しかし、今年は司会をしているからなぁ。。。
Chita Rivera(「The Visit」)が取ったらびびるけど、なくはない。

正直申すと、「王様と私」が主演二人が取ってくれるのを見たいけど、
助演止まりのような気がする。
なんせ、「Fun Home」の評判がよいからねぇ。
後は、リバイバル作品のほうが今年は派手な印象。
演劇賞ははしょりましたが、Helen Mirren(「The Audience」)、
NY滞在中、なんやらすごい盛り上がってたので、なるほど納得の受賞。

とりあえず、現時点で発表されていないのを予想でUP!!
Entertainment | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT